キャバ嬢と付き合うことは『できる』

キャバ嬢と付き合いたい!キャバクラ情報サイトを検索して歌舞伎町のキャバクラに通う殿方なら誰もが1度は描く夢だと思います。
では、実際キャバ嬢と付き合うことは可能なのでしょうか・・・結論から言うと答えは「Yes」です。
やったー!と思ったそこの貴方、付き合うことは可能ですが、それには努力と先行投資が必要です。
ではどのように努力し、どのように先行投資をすれば良いのでしょうか?

他のお客様と差をつける

初めに、失敗例としてよくありがちなのは「お客という立場になろうとしない」ことです。
「自分は客として見てもらいたくないから、外で会おう」こんな口説き方をする殿方は意外と少なくないですが、これは論外です。
まず「いいお客様」になれない殿方は恋愛対象としてエントリーもされません。
極稀に、キャバ嬢の方が一目惚れをして、最初から外で会おうというパターンもありますが、これは宝くじに当たる確率くらいのものと考えてください。
お店に通う=信頼関係を築く、つまり、キャバ嬢と付き合いたい場合はある程度の先行投資が必要ということになります。
本指名でお店に行く、ドリンクを出す、同伴をする、この3つは最低限です。
しかし、それだけではただの「いいお客様」で終わってしまうので、女の子に「この人は他のお客様とは違う」と思わせることが必要です。
同伴や店に行く際は「今月のノルマ足りてる?同伴してあげようか?」など、女の子を気遣う言葉があるとgoodです。
キャバ嬢だって人間です。優しくされたら嬉しいですし、感謝もします。
キャバクラの仕事を尊重してあげて、そして女の子としても尊重してあげる(ここ重要です!)。
これだけで他のお客様と差をつけることができます。

身だしなみに気を使う

次に、「身だしなみに気を使うこと」が重要です。
高価なもの身に付ける必要はありませんが、だらしない服装や、体臭、口臭に気を使わない殿方も恋愛対象としてエントリーされないので、清潔感がある服装を心がけるようにしてください。

キャバ嬢から見返りを求めない

そして最後に、最も重要なことは「見返りを求めないこと」です。
「○○してあげたのに」という感情は持ってはいけません。
これはキャバ嬢に限ったことではありませんが、貴方が彼女を好きなわけですから、貴方がしてあげるのは当然のことなのです。
「同伴してあげたからお店が休みの日に会って」こんなことを言ってしまったら、少し脈アリだった女の子も、一瞬で脈ナシになってしまいます。
まずはお客様として「この人にもっと会いたい」と思わせれば、キャバ嬢と付き合える最短ルートを進んでいけるはずです。